Rock in Japanの大迫力のステージ情報

Rock in Japanをよりもっと楽しむための豆知識をいろいろまとめてみました。
参加する人はぜひチェックしてみてください♪

Rock in Japanのステージはこちら



ロックインジャパンのメインステージです。客席エリアは、スタンディングゾーン,シートゾーン,テントゾーンに分かれており、一度に6万人がライヴを観ることができます。収容人数は国内フェス最大サイズです。各エリアにはルールがありますので、注意ください(公式ページ参照)



会場の入り口から一番近くに位置するステージとなります。湖の近くにステージが位置しているのでLAKE STAGEと名前がつけられました。円形のスタンディングゾーンと、それを取り囲む階段状の芝生スタンドでライヴを楽しむことができます。



周囲を林に囲まれた芝生ステージで、10,000人弱を収容できるステージです。他のステージに比べるとけっして大きくはないですが、林の中に佇む心地良いステージとなり、木下で横になり音楽を聴きながらくつろぐことも可能なエリアとなっています。



GRASS STAGEとLAKE STAGEの中間にあるステージで、約2,000人収容できるステージ。
海風の吹き抜ける爽やかな環境の中でライヴを楽しむことができます。



GRASS STAGEの後方に2,000人以上が集まる唯一の室内ステージとなります。演奏時間も他のステージに比べ長く、朝9時から夜9時半まで楽しく踊れるステージが繰り広げられることでしょう。いつもバンドでボーカルを担当している人もDJを行ったりと、普段と違った一面を見れますよ!


LAKE STAGEの近くに位置するステージで、約3,000人を収容可能です。出演バンドは主に若手・新人を中心とした構成となっています。


宿泊場所検索


下のリンク先にRock in Japanに参加したときの宿・ホテルについてこれから決めようと思ってい参加者の方に向けて、おすすめの宿泊エリアと宿泊場所を紹介しています。

残念なことに会場の”ひたち海浜公園”から歩いてすぐの距離は、宿・ホテルがないためどうしても移動が必要になります。どうせ宿泊するなら、会場の近くであったりコンビニ,銭湯などの商業施設が充実したエリアに宿泊したいですよね。ぜひ参加者の方はチェックしてみてください!

Rock in Japanのおすすめ宿泊場所エリア紹介ページへ

アクセス方法


 電車・シャトルバスで行く場合

最寄り駅は、JR常磐線勝田駅となります。(上野駅より特急で約80分)
そこからシャトルバスに乗り換えて会場までアクセスする形となります。
シャトルバスは、JR常磐線勝田駅・水戸駅・阿字ヶ浦に停車します。

※東京方面行き・いわき方面行きともに電車の本数が限られているため、大変な混雑します。早めはやめの行動を心がけましょう。

 車で行く場合

常磐自動車道 友部JCT ~ 北関東自動車道 ~ ひたちなかI.C./ひたち海浜公園I.C./常陸那珂港I.C.
※お車でご来場の方は、必ず駐車券付き入場券を購入する必要があります。駐車券は、フェスティバル専用駐車場のみ使用可能です。

ライブ・フェス参加時のおすすめ持ち物リスト


開催間近ロックフェス一覧



PAGE TOP↑