Join alive おすすめ宿泊エリアはどこ?宿泊場所予約前に要チェック!

このページではJoin aliveに参加したときの宿・ホテルについてこれから決めようと思ってい参加者の方に向けて、おすすめの宿泊エリアと宿泊場所を紹介しています。

どうせ宿泊するなら、近場であったりコンビニ,銭湯などの商業施設が充実したエリアの宿・ホテルに宿泊したいですよね。ぜひ参加者の方はチェックしてみてください!

Join alive開催場所周辺おすすめ宿泊エリア

岩見沢駅周辺エリア

岩見沢駅

フェス会場の最寄り駅で利便性OK!

岩見沢駅はJoin aliveの会場(いわみざわ公園,北海道グリーンランド遊園地)から一番最寄駅となり、会場から発着するシャトルバスはこの岩見沢駅を往復するため、参加する人にとっても便利なエリアだと思います。また、コンビニなどの商業施設も十分あり不便に感じることはないでしょう。ただ、予約競争度は高いので2ヶ月前には確保することをおすすめします。なお、会場から岩見沢駅までは、シャトルバスで15分の距離です。

ちなみに、岩見沢駅は駅としても有名で2009年に全面開業した新しい駅で、建築物としては非常に有名で、グッドデザイン大賞,日本建築学会賞など建築物としても有名で緑に囲まれたとてもおしゃれな外装です。

会場までの距離   予約の取りやすさ   エリアの利便さ  

【Join aliveのフェス会場から岩見沢駅までのアクセス方法】
会場から岩見沢駅を往復するシャトルバスが運行しているで、そのバスでアクセスします。(アクセス時間:15分)

札幌駅周辺エリア

ホテル、商業施設充実!

札幌駅はJoin aliveの会場から直通のシャトルバスが出ているためアクセス楽チンです。会場からのアクセス時間は約50分です。ホテル、商業施設も充実していることもさることながら、札幌駅から電車で数駅移動するだけですすきのなどの娯楽施設に足を伸ばせるのも魅力のひとつです。宿・ホテルは充実しているので、予約は岩見沢駅に比べればとりやすいですが、早めに予約をすることをおすすめします。

また、Join aliveに車で参加する人も多いかと思います。駐車場も岩見沢に比べて充実しているため、より便利に感じるはずです。

会場までの距離   予約の取りやすさ   エリアの利便さ  

【Join aliveのフェス会場から札幌駅までのアクセス方法】
■バスでアクセスする場合■
会場から札幌駅を往復するシャトルバスが運行しているで、そのバスでアクセスします。(アクセス時間:50分)

■電車でアクセスする場合■
会場から岩見沢駅行きのシャトルバスに乗車して、特急列車(JR函館本線)で札幌駅にアクセスできます。(アクセス時間:40分)


アクセス方法


 電車シャトルバスで行く場合

◎JR新千歳空港 → 会場(所要時間: 約80~100分)
  JR新千歳空港駅→〈快速エアポート〉→JR札幌駅→〈特急列車,普通列車 岩見沢行き〉→JR岩見沢駅→〈シャトルバス〉→会場
◎JR札幌駅 → 会場(所要時間: 約40~60分)
  JR札幌駅→〈特急列車,普通列車 岩見沢行き〉→JR岩見沢駅→〈シャトルバス〉→会場
◎JR旭川駅 → 会場(所要時間: 約70分)
  JR旭川駅→〈特急列車,普通列車 岩見沢行き〉→JR岩見沢駅→〈シャトルバス〉→会場

【注意】シャトルバスを利用料金 片道 : 大人 ¥200円 / 小人 ¥100円

 車で行く場合

札幌IC→会場ルート(所要時間:約30分)
 ⇒ 乗り換えルート:札幌IC→岩見沢IC→会場
旭川鷹栖→会場ルート(所要時間:約60分)
 ⇒ 乗り換えルート: 旭川鷹栖IC→岩見沢IC→会場
苫小牧港→会場ルート(所要時間:約100分)
 ⇒ 乗り換えルート: 苫小牧東IC→札幌JCT旭川方面→岩見沢IC→会場
小樽港→会場ルート(所要時間:約100分)
 ⇒ 乗り換えルート: 小樽IC→札幌JCT旭川方面→岩見沢IC→会場

※ 車で行く場合は、事前に駐車券が必要ですので、購入お忘れなく。

ライブ・フェス参加時のおすすめ持ち物リスト


開催間近ロックフェス一覧



PAGE TOP↑