フジロックをもっと知って楽しさ倍増!フジロック豆知識情報

フジロックをよりもっと楽しむための豆知識をいろいろまとめてみました。
参加する人はぜひチェックしてみてください♪

フジロックの楽しみ方は人それぞれ

フジロック花火フジロックなどのフェスは、オールスタンディングと思っている人も多いとは思いますが、後ろのほうは椅子に座ってお酒を飲みながらのんびり演奏を見ている人も多いです。(前のほうはスタンディングです)一日中スタンディングは、体力に自信があってもなかなか大変です。体力には余裕を持って行動しましょう。

音楽を楽しむのはもちろんそれ以外のアトラクションでも楽しめるのがフジロックの魅力でもあります。

“大道芸”

ステージ間の広場やフェス飯販売エリアではジャグリングやヨーヨーなどの大道芸が繰り広げられます。参加者をを巻き込んだりトークなどをまじえた、楽しい空間を演出してくれます。大道芸者は基本ノーギャラでパフォーマンスをしています。ナイスパフォーマンスにはチップを♪

世界最長スーパーゴンドラ ”ドラゴンドラ”

レッドマーキー横から、かぐらスキー場の田代エリアを結ぶ苗場プリンスホテルが運営するゴンドラです。両駅間の所要時間は20~30分です。到着駅は山頂となっており、DJブースの前で踊っている人、シャボン玉をしてる人、大縄跳びを楽しいんでいる人など自由でハッピーな空気が流れています。

ゆっくりとした空気に時間を忘れてしまいそうになります。常連の参加者の方も、いったことがない人は是非行っていただきたい!

また、ここで食べるアイスクリームは絶品です。訪れた際にはご賞味を♪

“川遊び”

開催時期は夏!山間部といえど、日中はかなりの高気温となります。
そんなときは是非、川で涼んでみては?
山間部ならではですね。
川は、ところ天国とオアシス手間にあります。

daidogeidaidogei

フジロックの各ステージ情報について

ステージの多さからもわかるように、ステージ間の移動には思っている以上に時間がかかりますので、時間をもってゆったりとしたスケジュールを立てましょう!なお、ステージ間でかなりの距離を置いているため、他ステージの音はほとんど気にならないと言われています。

ステージの移動時間は、混み具合にもよりますが入場ゲートから1番奥のステージまでは徒歩で30分となかなかの会場の広さとなります。

【各ステージの移動時間】

 キャンプサイト入り口 ~ 会場入場口            15分
 入場口        ~ グリーンステージ・レッドマーキー 10~15分
 グリーンステージ   ~ レッドマーキー          5分~10分
 グリーンステージ   ~ ホワイトステージ         15~20分
 ホワイトステージ   ~ フィールドオブヘブン       15~20分
 フィールドオブヘブン ~ オレンジコート          5分

各バンドの演奏時間

1バンドの演奏時間は30~40分くらいです。ただ、トリやトリ1つ前のバンドは1時間~1時間30分ぐらいとなっています。(スケジュールやアーティストによって2時間演奏したバンドも)海外の大規模ロックフェスにも負けず劣らない出演者ラインナップで参加者を最高の気分に!

フジロックの天候対策について

こちらは、フジロック特有の特記事項です。

開催時期は真夏とはいえ、山間部を会場としているため夜は防寒対策が必要です。開催期間中はほぼ100%の確率で雨が降るため、防寒対策以上に雨具の携帯は必須です。傘を差す行為は周りの迷惑であるので禁止されており、カッパ類の準備は必須です。

降雨に伴い歩道(もちろん砂利道)も泥で非常にぬかるむため、履物に関しても注意が必要です。フジロック参加者のほとんどは長靴スタイルが大多数です。

フジロックに参加できなかった人でも

参加できない人や他のアーティストとかぶって聞けなかったって人には、ラジオがおすすめです。オフィシャルメディアのInterFMでは、毎年フジロックからライヴ音源を生中継でオンエアーしています。また、フジロック開催後も頻繁に音源をオンエアーしています。


宿泊場所検索


日本を代表するロックフェスということもあり、宿泊場所の確保争いはとても熾烈です。3ヶ月以上前からの予約が大切です。会場に一番近い“苗場プリンスホテル”は、出演バンドや会場スタッフが泊まるということもあり、一般参加者が泊まれる可能性はかなり低目となっています。

おすすめ宿泊場所は、開催場所の“苗場エリア”やシャトル場所の停留所でもある“越後湯沢エリア”,“みつまた(かぐら)エリア”となります。詳しくは下のリンク先で!
フジロックフェスのおすすめ宿泊エリア紹介ページへ
アクセス方法


 電車・シャトルバスで行く場合

JR 東日本「越後湯沢駅」下車
越後湯沢駅~会場シャトルバス(無料)
越後湯沢駅からのアクセスはシャトルバスが一般的で、自転車や徒歩での入場は困難となります。
シャトルバスは、入場券をお持ちの方はどなたでも無料でご利用いただけます。
また、みつまた・田代エリアにご宿泊の方もご利用いただけます。(越後湯沢駅~会場 約40分)

 車で行く場合

【ルート①】関越自動車道「月夜野IC」利用する場合
 ☆「場内」「白樺」「浅貝」駐車場へは月夜野ICが便利です
 月夜野IC~ 会場    [国道17号線で33km]  約45分
 練馬IC ~ 月夜野IC [関越自動車道131km]  約1時間20分
【ルート②】関越自動車道「湯沢IC」利用する場合
 ☆「神立」「みつまた」「田代」駐車場へは湯沢ICが便利です
 湯沢IC ~ 会場    [国道17号線で21km]  約30分

ライブ・フェス参加時のおすすめ持ち物リスト


開催間近ロックフェス一覧



PAGE TOP↑